Wアプローチの副作用について

女性の抜け毛や薄毛のメカニズムは男性とは異なります。女性専用の育毛剤はその原因にアプローチしながら頭皮環境を整えるものがほとんどです。その中のひとつ「Wアプローチヘアプログラム」」はクリニック発想の育毛剤です。Wアプローチヘアプログラムは他の女性用育毛剤と比較してどんな特徴や副作用があるのでしょうか。

頭皮を整えて育てるWステップ方式による育毛

毛根の中には「毛母細胞」という髪の元になる細胞が活発に活動することで健やかな髪が生まれます。しかし毛母細胞が少ないと、いくら良い成分が配合された育毛剤を使っても丈夫な髪を作ることができません。そこで着目したのが「頭皮の環境を整えて毛母細胞の生成を助け、活性化した毛根に薬用成分を届けるというWアプローチです。この2ステップ方式がWアプローチシステムの最大の特徴です。

医師との共同開発品で他と差をつける

Wアプローチヘアプログラムは医師と共同開発した2つの育毛剤を使って頭皮環境を整えることが他との大きな違いです。1剤養毛料と2剤養毛剤という2種の育毛剤で養毛成分を毛根に届けます。1剤は「頭皮美容液」の働きを持っており、頭皮のケアを目的としています。1剤には「オクタペプチド-2」という頭皮コンディショニング成分をはじめ、保湿成分を持つヒアルロン酸とカミツレエキス、髪をいたわるシソ葉エキスが配合されています。

2剤は薬用育毛剤で、医薬部外品です。グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス、酢酸DL-a-トコフェロール、ピロクトンオラミン、パントテニルエチルエーテルという5つの有効成分が発毛を促します。

また肌に刺激を与えない無添加処方のため、カラーリング後の頭皮にも使用できます。育毛剤はアルコールが含まれているものが多い中、Wアプローチヘアプログラムはアルコールフリーのため、ヘアカラー後に使用しても色落ちの心配がないことも特徴のひとつです。

サラっとしたテクスチャーでベタつかず、使用感に優れています。また無香料なので、育毛剤特有の匂いがしないことも人気の秘密です。

Wアプローチヘアプログラムの副作用について

では気になる副作用ですが、Wアプローチヘアプログラムには男性用育毛剤によく含まれているミノキシジルやプロペシアなどの成分が含まれていません。これらの成分は育毛、発毛促進作用は強いですが副作用が報告されている事例もあり、慎重にならざるをえません。Wアプローチヘアプログラムはこれらの成分が配合されておらず、頭皮に非常に優しい成分のものばかり含まれています。そのため公式サイトや口コミでも副作用と思われる事例は報告されていません。それよりも、むしろ1剤と2剤を使わなければいけないという手間のほうがよく目にします。面倒くさがりの方には不向きと言える育毛剤でしょう。

女性の頭皮のことを考えて作られた育毛剤

無添加であるために、妊娠中や授乳中の女性にも安心して使えるWアプローチヘアプログラム。頭皮の健康を考えたWアプローチヘアプログラムは女性のことを考えた製品と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です