リアップX5の副作用について

2015年に従来品の「リアップX5」が販売終了となり、「リアップX5プラス」になりました。新しくリニューアルされたリアップX5プラスの特徴や成分、そして副作用について調べてみました。

新成分が加わったリアップX5プラスとは

従来品に新たに加わった成分は「ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)」「トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)」「I-メントール」です。従来品の中に配合されている育毛を促進する成分はミノキシジルであり、リニューアルされたリアップX5プラスは発毛促進成分ではなく、どちらかといえばミノキシジルの発毛効果をよりよくするために頭皮環境を整える成分と考えたほうがよさそうです。

メントール効果によりほてりが軽減

従来品と比べて大きな違いはメントール成分の配合により、ほてりが軽減されたといわれています。従来品は強めのアルコールの匂いがしましたが、これにメントールの香りが加わりました。そして塗布後に感じるほてり感や違和感などが軽減され、スッキリするような清涼感を感じることができるようです。育毛剤の副作用に「頭皮のほてり」がありますが、新しくなったリアップX5プラスはこの清涼感による副作用が抑えられることで使用感が良くなったと思われます。

抜け毛の進行抑制と育毛効果を持つリアップX5プラス

リアップに配合されている発毛成分はミノキシジルです。ミノキシジルには血管拡張作用による頭皮の血行促進があり、血液の流れを良くすることで頭皮のいくもう環境を整えます。また発毛促進だけでなく、抜け毛予防の効果も持ち合わせています。

リアップX5プラスの副作用について

優れた育毛・発毛効果を持つリアップX5プラスですが、副作用として次のことが挙げられます。

・血圧低下、心拍数の増加、心筋梗塞など

・ほてり、発疹、かゆみ、かぶれ

・頭痛、めまい、動機

・急激な体重増加および手足のむくみ

副作用と思われる症状の報告では、頭皮のほてりを感じ、違和感を覚えたという声があります。ミノキシジルによる血管拡張作用が副作用となり、かゆみやほてりなどの形となって現れるのでしょう。

また血圧低下も副作用の一つです。元々ミノキシジルは高血圧の治療薬として使われており、この成分が血圧の低下を引き起こすのではないでしょうか。このように、リアップX5プラスを使用してから10%弱の割合で何らかの副作用が出ていると報告されています。さらにリアップX5プラスは「第一種医薬品」に指定されており、薬局で購入できる医薬品の中で最もリスクが高い医薬品なのです。購入する際には薬剤師や登録販売者の立ち合いで副作用についての説明を受けなければなりません。

副作用が出たときはすぐに中止を

リアップX5プラスは第一種医薬品ということもあり、優れた育毛、発毛効果を持つ育毛剤です。それ故に副作用が心配されるので、副作用の症状が少しでも出たときは皮膚科へ行ってください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です